menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闇の子供たち 
080813.jpg

先日、『闇の子供たち』を観てきました。
とてもとても、重いです。
でも、日本から地図で20cmのところ、
自分たちが加害者にもなり得る現実の話。

高校生のころ、テレビのドキュメントでこの話に触れ、
何かしようにも、何もできなくて歯痒くなった気持ちがよみがえりました。

良くも悪くも、あの頃より大人になって、
子どもに関わる仕事をしているだけに、
胸の中の渦みたいなのが、口から出そうに轟々とうなっていて。


観終わってから思い返してみると、
江口洋介のセリフほとんどに背筋が凍る…

佐藤浩市の役柄に立たされたとしたら、
絶対に黒くならないという自信はないです。


赤い風船』とはちがう意味で、今年一番心に残る作品。


ドキュメント志向に見えて、
ひとつの物語としても楽しめますし、
できるだけ多くの人に見ておいて欲しい映画でした。
スポンサーサイト
 
secret

trackback url
http://nk0923.blog107.fc2.com/tb.php/88-e45c24b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。